そもそもなぜ信用取引というのか?

「信用」してもらうことで大きな投資ができる

信用取引では、投資家が証券会社に「信用」してもらうことで、資金や株式を借りて取引が行えます。信用してもらうためには、委託保証金を担保にします。信用取引の種類によっては返済期限が決められていて、期日までには返さなければなりません。 信用取引のメリットとしては、投資家は自分の資金の約3倍のお金を借りられるので、得られる利益も大きくなります。また投資では、まず株を買ってから売らなければならないのですが、売ることから始められるのです。取引ではタイミングが大切ですから、投資の幅が広がります。 他にも「空売り」という方法も使えるようになります。証券会社から借りた株をまず売り、普通とは逆に株価が下がったら買い戻して、それを証券会社に返済するのです。差額が投資家の利益となるもので、「信用売り」という言い方もされます。

長所を生かし短所を抑えるのが大切

しかし信用取引にはいいところばかりでなく、リスクもあります。少ない資金で大きな額の取引ができるため、損失も大きくなりがちなのです。他にも借りた資金や株には金利や賃貸料がかかるので、きちんと把握して無理のない借り方をしておかなければ、せっかくの利益がそれを支払うばかりになってしまいかねません。空売りも、無制限にできるわけではなく限度はあり、反対に株価が上昇した場合には、投資家の不利益になります。 しかし信用取引のメリットは大きく、リスクを考慮して臨めば、有利なところも多い方法です。投資にはもともとリスクが伴い、それを管理しながら慎重に行うものです。信用取引の長所と短所を理解し、うまく活用するようにしましょう。